函館大沼牛の魅力

函館大沼牛はその名の通り、北海道の函館において生産、肥育されている銘柄牛です。函館大沼牛のブランド名としては、「はこだて大沼牛」「函館牛」「はこだて大沼黒牛」などがあります。函館大沼牛は乳牛として有名なホルスタイン種のオスを導入し、肥育しています。

【フラッシュ】ナイアシン 200mg【ニコチン酸】

函館大沼牛が肥育されている環境は、大沼という自然の多い場所で育てられていることに加え、生産者の配慮によって換気が十分になされていたり、牛舎をしっかりと衛生管理できるようにとコンクリート作りにするなどした健康的に肥育した環境となっています。それゆえに、函館大沼牛は育てられる牛そのものにも健康的であるとともに、その肉を食べる消費者の健康にも配慮されているのです。また、牛と消費者の健康だけではなく、その土地の環境を汚染しないような配慮によって、土地の健康にも注目して肥育が行われているのも評価すべきポイントです。

食肉業界30年の達人が選んだ米沢牛・山形牛 / さがえ精肉

函館大沼牛が食べる餌にも生産者のこだわりがあり、牛の主食となる粗飼料に無農薬栽培された牧草やデントコーンを使用し、なおかつその粗飼料そのものを肥育農家自体が自家生産して供給しています。それとともに、抗生物質やホルモン剤などの牛にもそれを食べる人間にも健康に悪いものを一切使用していないことから、とても安全性の高い肉となっています。

吹田市|吹田市猫の飼養ガイドラインの策定について

その肉質としては、ホルスタイン種の特徴である脂身が少なく柔らかな赤身の多い枝肉となっており、十分に赤身の美味しさを堪能できるものとなっています。また、脂身の部分においては非常に味に深みがあります。函館大沼牛はこのような肉質から、調理方法は問わず、どのような料理に使用しても美味しく食べることができるお肉です。