体に脂肪の付きにくい食生活を心がけてます

太らないようにするためには、普段の食生活が絶対に大事だと思います。運動をすることで脂肪を燃焼することができますけど、まずは何より脂肪をつけないこと。これに尽きると思うからです。ガリガリに痩せてしまうのでは、それはそれで困りますけれど、これ以上脂肪を付けないようにするというのは大切ですよね。
ということで私は食生活に注意して、できる限り余計な脂肪が付かないようにしています。肉だって必要な量は食べますが、逆に言えば必要以上には食べません。焼肉へ友人をと行ったとしても、自分で決めた量を超えないようにしていますね。焼き野菜や海鮮物を食べて足りない分の空腹感を補うと同時に、ビタミンやカルシウムを摂るようにします。

プロテイン オススメ

炭水化物もそうです。エネルギーのもとになるものなので絶対に食べなければいけないですが、食べ過ぎるとこれも肥満に繋がります。お茶碗でどれくらいまでと決めておいて、足りない分はおかずでカバーです。

臨床栄養/医歯薬出版株式会社

甘いもので糖分を摂る際も、その日の食事で他に糖分を摂っていないか、お米などの炭水化物のことも考えて食べます。甘いものってやっぱり美味しいですし、食べたい時はありますからね。食べるうえで、その場だけじゃなく一日の摂取量を考えて食べるようにするのが大切だと思います。

蛋白質核酸酵素全文検索

こう考えてみると、食べることについてああだこうだと考えすぎているように感じますが、食生活って肥満はもちろん健康面でも大切なことです。実際、考えて食べるようになってから病気にかかりにくくなりました。あらゆる面でメリットが出てくるので、みなさんにもぜひオススメしたいですね。